現在、ホームページをリニューアル中です・・・。

「人の力づけ・応援」の専門家の、あなたを応援するためのサイト

否定ことば~言動のパワフルさ~

森下 健祐
WRITER
 
言動のパワフルさ
この記事を書いている人 - WRITER -
森下 健祐

はじめに

《あなたの応援塾》主宰の森下健祐です。

このブログページにお越しくださり、ありがとうございます。

昨日、こんなネット記事を見つけました。

子どもに絶対言ってはいけない「全否定3要素」

一度、リンク先の記事をぜひ読んでみてください。きっと、いろいろとお感じになることがあるはずです。

左利きに偏見を感じた、子ども時代

私が上で紹介したネット記事を読んで思い出したのは、自分の利き手のこと。私、森下は左利きです。

今は利き手が左だからといって特異な目で見られることは、ほとんどなくなったと感じます。ですが私が保育園児・小学生だった頃は、左利きというとどこか“偏見”に近い目で見られていた覚えがあります。

私は小学生になってから、習字教室に通いました。通わされた、といったほうが適切かもしれません。自分から習いたいとは思わなかったので。ですから、親になぜ習字を習うの?とたずねると、ハッキリとこう答えが返ってきました。

「健祐が、右手で字を書けるようにするため」

私が左利きのままだといろいろと不利益を被るから・・・左利きが原因で差別されるかもしれない・・・両親はきっと、いろいろと思うところがあったのでしょう。「お子さん、左利きなの?」と言われるのが嫌で、周囲の目を気にしていたのかもしれません。ほかに箸を使う際も、右手を使うことを勧められました。結果、字はすっかり右手で書くようになりました(箸は左のまま)。ただ、幼心に

「左利きって、いけないことなんだなぁ・・・できるだけ、右手でできるようにしなきゃ」

こう感じたのは確かです。自分の利き手が、否定されたような感じも受けました。

 

中学生になってから、私は卓球部に入りました。そのとき、ラケットをどちらの手で持とうが迷いました。私が選んだのは、右手。左手で持つと、何かいろいろと言われそうな気がしたので。

今となってみれば、素直に左手を使っていればもっと上達したかなぁ、つまらないことで迷ってたなぁと振り返ります。が、当時はそれだけ、左利きへのコンプレックスを持っていました。幼いころに、親が私の左利きを必死に矯正させようとしていたことが、やはり脳裏に焼き付いていたんです。(両親を責めるつもりはまったくありません、誤解ないよう、念のため)

今では左利きで偏見を感じることは、かなり減った実感があります。良い世の中になったなと感じます。

言動は思った以上にパワフル

子どもの頃に受けたショッキングな言動は、一生残ります。子どもの将来を大きく変えてしまうことさえ、十分にあり得ることです。たとえ冗談半分の言動であったとしても。「全否定3要素」の記事で紹介されている言葉は、意図してというよりも無意識で言葉に発してしまったり、冗談半分でつい言ってしまいがちな言葉です。

  • 人格否定のことば・・・だらしがない、根性がない、お前には無理だ、などなど
  • 能力否定のことば・・・そんなことができないの?、馬鹿だ、などなど
  • 存在否定のことば・・・そんなことをする子はいらない、顔も見たくない、いなければいいのに、などなど

※より詳しいことは、こちらのリンク先をご覧ください。

こういった言葉、ひょっとするとあなたも子どもの頃、親や学校の先生に「否定のことば」を言われた覚えがあるかもしれません。言われた覚えがあるならば・・・その「否定のことば」はあなたの人生に少なからず、影響を及ぼしているのかも・・・

そしてお母さん・・・自分がされたことと同じ言動をわが子に対してつい、やってしまってはいませんか?

ヒステリック

言動の力は想像以上にパワフルなのは、ご自身の体験でご存知のはずです。「否定ことば」は相当パワフルですが、一方で「元気づける・勇気づけることば」も大きなパワーを秘めています。

子育てなでなで 男の子

お子様の将来のためになる「パワフルな言動」、あなたは何ができるでしょうか?

 

今回もお読みくださり、ありがとうございます。

 

☆《あなたの応援塾》ではコーチング等で、あなたの人生を前進に導く、本気のお手伝いをします。まずは「本気の無料相談」を承ります。まずは、下記のリンクからお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

この記事を書いている人 - WRITER -
森下 健祐

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 森下けんすけの“MORIMORI OEN PAGE” , 2019 All Rights Reserved.