現在、ホームページをリニューアル中です・・・。

「人の力づけ・応援」の専門家の、あなたを応援するためのサイト

《子どもの自己肯定感を高める、褒め方講座》盛況に開催!②

森下 健祐
WRITER
 
子どもの自己肯定感を高める褒め方講座、盛況に開催!
この記事を書いている人 - WRITER -
森下 健祐

《あなたの応援塾》主宰の森下健祐です。

このブログページにお越しくださり、ありがとうございます。

6月6日(木)に開催した、《子どもの自己肯定感を高める「4つの褒め方」特別講座》。前回の投稿に続きまして、ここでは参加された方の感想をご紹介します。

前回の記事はこちらから

1.参加された動機

190606褒め方講座 3

  • 思春期を迎えた子ども達との接し方や、子ども食堂で多くの子ども達と触れ合う中で今回の講座が非常に興味を惹く内容でした!(岡谷市・男性・40代)
  • 私自身が、「褒められ慣れていない」、「褒め慣れていない」と思ったからです。(岡谷市・女性・40代)
  • 中学生の娘がいて、なかなから褒められない自分がいたので聞いてみたいと思いました。(諏訪郡・女性・40代)
  • 次女の反抗期が始まったことと、新入社員が引きこもりや不登校を体験してる子なので、接し方に悩んでいた為(諏訪市・女性)
  • 子どもの居場所を考えてます。子どもと接し方を改めて考える機会になると考えてです。(男性・70代)

2.褒め方講座を受けてみての感想

  • 期待以上の内容であっという間の2時間でした! まずは自分自信がかわり自己肯定感を高めていく必要性を感じました。 知っていてもやらなければ知らないと一緒!全ての事に言える内容でした。(岡谷市・男性・40代)
  • 自己肯定感、今まで勉強したこともありましたが、自分の言葉として説明出来ませんでした。松井先生のお話をきいて、私の中にスーーと入ってきました。性別や感覚として褒めるパターンを替えたりと知らないことばかりでした。小さな事でも知らなければ出来ない、知っていてもやらなければ意味がない。私はやります♪この講座に参加でき、本当に良かったと実感してます。松井先生をはじめ、あの空間で共に学んだ方との出逢いに改めて感謝します。ありがとうございました。(岡谷市・女性・40代)
  • すごく心に響きました。知るだけでは価値はない、やることに価値がある。ほんとにそう思いました。 先生はいろんな経験の中から、お話をしてくださり、ペアになったりハイタッチしたり緊張もほぐれ、いい空間、いい時間になりました! また、機会がありましたらお話聞きたいです!今回聞けたことで私自身、そして娘にとっても新たなスタートを切れました!(諏訪郡・女性・40代)
  • 松井先生と同じような経験をしている私。でも、それをおかしいと気づいてなかった私。自分に全然自信がないし、自分を褒めるなんて考えたことがなかった私。自分を褒めれなければ、他者を褒めれないことや、自分自身の中にある闇に気付けたような気がします。(諏訪市・女性)
  • 誉めることの苦手な私には大変参考になりました。肯定感を改めて考える機会となり、まず自分が肯定感を持って行動することからだと気付かされました。有り難うございました。(男性・70代)
  • あの日仕事でトラブルがありギリギリまで仕事をし、講座終了後また会社に戻り仕事しました。それでも参加したい!今日は必ず行く!!って何故か惹き付けられ、引き寄せられる感覚がありました。
    森下さんの想いを読ませて頂いて、そうか!私はこの想いに、エネルギーに引き寄せられたんだなと理解できました。
    私は、人の傷ついた心に寄り添い痛みや苦しみを和らげ、そに人が持っている可能性を最大限に発揮ししあわせに生きる手伝いをする。そんな生き方をしようと決めています。松井コーチのおっしゃられた“承認のオイル”が漏れてしまう穴を一緒に塞いでいきたいと…。その為に私に何が出来るのか?何をすればいいのか?模索してる最中でした。とても学びのある講座で参加して良かった!と感謝しています。(岡谷市・女性)

最後に

こうやって、いただいた感想をまとめていくと、皆さん共通しておっしゃっていることがあります。それは

知っているだけでは意味がない。「やる」ことに意味がある。

この講座、実は褒めるための知識・ノウハウといったものはあまり扱わなかったんです。今回講師を務めていただいた松井先生は私も教えを受けていますが、松井先生は人としてのあり方・あらわれ方を磨くことを第一とする方です。ですから「おそらく知識・ノウハウを教える講座にはならないな」と予感はしていました。実際その予感は的中したのです(^^;)が、参加された方のご期待に応える内容になったかな・・・?と、若干の不安もありました。ですが感想を読んで、不安はまったく杞憂に終わりました。

知識・ノウハウは今や、セミナーに出ずともネットで簡単に手に入ります。それこそ、このブログでも知識・ノウハウを紹介することはできるワケです。しかし私が聞いた話ですが、セミナーで知ったことを実行に移す人の割合は、3%に過ぎないといいます。100人中、たった3人・・・!もったいないですね・・・

やること、もっと踏み込めば得た知識・ノウハウを「やり続けること」これが、大きな変化をもたらすのは間違いないでしょう。

この《応援塾》でも「やり続けること」を核とする、学びの場にしていく考えです。

 

お読みくださり、ありがとうございます。

この記事を書いている人 - WRITER -
森下 健祐

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 森下けんすけの“MORIMORI OEN PAGE” , 2019 All Rights Reserved.